滋賀で耐震補強 耐震リフォーム|制震ダンパーのたかはし

あなたのお住まいは大丈夫?木造一戸建て住宅の約40%は耐震不足

地震対策には3ちの工法があります

背景画像
  • 制震

    地震にブレーキをかける工法。地震による建物の揺れをエネルギーとしてとらえ、制振装置でそのエネルギーを吸収します。(正しくは熱に変える)「熱に変える」ということは、ブレーキと同じ発想で地震で揺れる建物にブレーキをかける工法。ブレーキをかけることで、建物の揺れ、構造体の損傷も軽減できます。免震に比べ経済的で間取りや敷地に成約がありません。

    地震のエネルギーを吸収し、経済的で間取りに制限がない
  • 耐震

    地震に耐えるために建物をより強固に固め、地震に対して真っ向から立ち向かい、なんとか耐え忍ぶという工法。ただし、固めることにより地震の揺れが増幅する欠点があり、倒れはしなかったけれど、実は内部はガタガタになっていて、次の地震がきたときには耐える力が残っていないというケースもあります。

    倒れはしなくても、内部にガタが来ることがある。
  • 免震

    基礎と土台の間にエネルギー絶縁装置を設置して、構造躯体に作用する地震エネルギーを伝えないようにする工法です。地震対策として最も良いとされていますが、費用が非常に高く、敷地や立地に成約があります。

    対策としてはベスト。費用が高く、敷地に成約がある
背景画像

なるほど、
免震が一番有効ってこと?

しかし、既存の住宅に免震対策を施すには
住まいを持ち上げ、大々的な工事が必要です。
費用も数百万円以上かかってしまいます。

そこで、今までは耐震補強の必要性が呼ばれてきました…

耐震ってどんな基準で
工事をすればいいのかな?

既に診断をされた方はお分かりかと思いますが、今現在も耐震診断では構造評点1.0未満は倒壊の可能性があると診断され、耐震補強を勧められます。この数字は、「現在のお住まいに必要な耐力」に対する
「現在のお住まいが保有している耐力」の割合で、
各方向の耐震性能強化の数字になります。

つまり、不足している「必要な耐力分」の補強が必要ということになります。ここで制震という発想が生まれました
そこで弊社は、制震ダンパーの必要性を強く感じたのです。

保険会社も認めた弊社の地震補償制震ダンパーをご紹介します

  • オーバルITダンパーイメージ図

    弊社が推奨するのが、オーバル社製の制震ダンパー

    揺れを低減!高性能制震装置ITダンパー

    オーバル社製の制震ダンパーは
    日本初の地震補償付きの
    制震ダンパーです。
    住宅の長寿化のために、
    オーバル社製の制震ダンパーの
    制震で地震からのダメージを
    軽減することが有効な方法の
    ひとつです。


    地震にブレーキをかける

    オーバル社製の制震ダンパーは地震の揺れを低減する高性能制震装置(特許第3026772号)です。 家づくりは揺れに耐える耐震だけでなく揺れを低減する制震技術をバランスよく組み合わせる事がもっとも安心な地震対策です。 制震装置は高額で工期も長くなることが多いのが現状ですが、オーバル社製の制震ダンパーは高性能で安心価格、工期も短時間で済むなど、お施主様に大きなメリットがあります。

弊社推奨オーバル社製の制震ダンパーの5つの大きなメリット

以下の動画で、制震とはどのような工法なのかを具体的に解説しております

でも費用が高いのでは…さまざまなハウスメーカーが制震装置の開発をしてきましたがどれもリフォームで使用するには費用が高すぎてなかなか手が出ないという問題がありました。
業界初地震補償付制震ダンパー
これまでの耐震補強工事では、「現在のお住まいが保有している耐力」を上げるために通常の一戸建て住宅でも壁を10箇所から15箇所解体し補強計画通りに補強をしていく作業になり、最低でも100万円を超えることがほとんどです。
しかも、その補強工事に対して保険会社からの保険はつきません。
しかし、弊社推奨の地震補償付制震ダンパーは全壊時300万円の保険金をお支払いします

保険料はメーカー負担となり、お客様個人が保険契約者として「日本震災パートナーズ株式会社」との間で保険契約を締結することで補償が受けられる制度です。

地震補償付制震ダンパーは7箇所程度で済むことがほとんどです。そのため、費用も100万円で収まるケースが大半です。

でも、工事の期間が
長くかかっちゃうのでは?

耐震補強では工事が大規模になるケースが
ほとんどですが制震ダンパーは、
2階建ての木造住宅であれば1週間程度です。

地震補償付き制震ダンパーの施工事例をご紹介します

施工事例Photo
創業から半世紀が過ぎ多くの実績を重ねてまいりました。これからも高い技術とノウハウを提供していきます。
たかはしの家は、私たちが一生懸命つくっています!
家づくりは夢づくり。お施主様に喜んで頂けることが一番の活力。
お客様の夢と願いが込められた図面に忠実に安心で快適な平屋を仕上げていきます
今までの経験を生かし、よりいっそう質の良い家づくりを心がけます。

お客様からのお喜びの声

  • Q.施工を行なったキッカケは何ですか?

    築60年の住まいのため、新築かリフォームかを悩んでおりました。
    新築にすると以前の延床面積が取れない事がわかり、たかはしさんより勧められた制振装置を設置することを前提にリフォーム工事に取り組みました。

  • Q.制震ダンパーの住まいで暮らしてみてはいかがですか?

    間取りに制限がでなかった事が一番です。
    つい最近小さい地震があり、以前は震度2程度でも大きな揺れを感じていたのですが、工事後は制振装置が働いていることがわかり感動しました。

  • 施工後Photo

    Q.最後に、設置してみた感想をお聞かせ下さい。

    耐震工事というと、補強の壁が新たにでき、生活動線に支障が出ると思っていましたが、たかはしさんでは全て押入れ・通路等・従来の壁内で納めていただきました。
    我慢の耐震工事にならずに本当に良かったと思います。

背景画像
まずは国土交通省住宅局監修 財団法人日本建築防災協会編集の「誰でもできるわが家の耐震診断」でお住まいの簡易診断を!

※財団法人日本建築防災協会のページになります

上記WEB診断で7点以下のお客様には耐震診断と補強計画書をお勧めします。